診療・治療情報

2019.06.08

金属アレルギーの症状

こんにちは!

昨日、関東の梅雨入りが発表されたそうです。。

天気予報を見ると雨の日が続くようで、ちょっと憂鬱になってしまいますね( ;∀;)

 

今日は金属アレルギーについてお話したいと思います。

歯医者と金属アレルギーって関係あるの?と思う方も多いかもしれません。

俗にいう『銀歯』が金属アレルギーに関係しているのです。

 

金属アレルギーの症状とは?

・頭痛やめまいを起こしやすい

・慢性的な肩こりや体のだるさに悩んでいる

・原因不明の湿疹やじん麻疹に悩んでいる

・ステロイドを塗っても湿疹が治らない

・抗アレルギー剤ではかゆみが治まらない

・皮膚や口の中がただれて痛い

 

いかがですか?

当てはまる項目が多い方は金属アレルギーを疑ったほうがいいかもしれません。

症状が出ているにも関わらず「きっと疲れているんだろう」「もともと肌が弱いから」などの思い込みは危険です(>_<)

 

~金属修復物(銀歯)について~

銀歯は保険内で安価に治療ができるという反面、デメリットもあります。

そのデメリットとしては、銀歯の隙間からばい菌が入りやすいため虫歯になりやすかったり、歯ぐきの色の変色などが挙げられます。

また、金属アレルギーのリスクです。

お口の中に銀歯が入っている方で、今症状がなにもない方でもいつ発症するかはわかりません。

保険で使われている金属は、高温多湿の口の中では錆びて唾液に溶け出してしまいやすいという欠点があります。

その溶け出した金属イオンが体のタンパク質と結びついてアレルギー源となってしまいます。

 

金属アレルギーを防ぐには?

かぶせ物や詰め物での治療を行う際、「銀歯」以外にも選択肢はあります。

当院でおススメしているのは『ジルコニア』という材料になります。

ジルコニアは金属イオンの溶出がほとんどないため、生体親和性に優れ、金属アレルギーの方にも安心してご使用頂く事ができます。

もともとジルコニアは医科の分野で人工関節などでも長期の実績があり、多くの毒性試験や生体親和性試験をクリアしています。

歯科分野におきましてジルコニアフレームは欧米で既に年間500万本以上使用されていて、その安全性・信頼性・審美性・実績により主要材料として認められつつあります。

↑左の写真がジルコニア、右の写真が金属の詰め物です。

写真で見てもやはりジルコニアを使った詰め物は見た目も綺麗ですよね(^^)

 

今お口の中に入ってる銀歯をやり替えたい、詰め物が取れてしまったのでこの機会に白いものに治したい!など、少しでもお悩みの方はご相談ください♪

 

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る