診療・治療情報

2019.02.20

口腔がん検診を受けましょう

おはようございます!
テレビで衝撃的なニュースがやっていました。
アイドルとして一世を風靡した堀ちえみさんが口腔癌のステージ4であることを告白したそうです。

みなさんは口腔癌ってご存知ですか?

まだまだ認知されていない「口腔がん」。
その検診が歯医者さんで受けられるって、ご存知でしたか?
口腔がんは5大がん同様、早期発見をすれば怖いがんではありません。

口腔がんとは、舌や、舌の下側、歯ぐきにできるがんのことです。
日本では、およそ7000人が口腔がんになり、死亡者数も3000人を超え、右肩上がりで増えています。
昔口腔がんは、高齢の男性のがんと言われていましたが、最近は若い女性の口腔がんも増えています。
本当に残念ですが、口腔がんは認知されていないために、発見が遅れるケースがとても多いのです。

一方、アメリカでは半年に一度の口腔がん検診が実質義務化され、アメリカの歯医者さんはどこでも口腔がん検診をやっています。

他部位のがん同様、口腔がんも早期発見さえできれば、決して怖いものではありません。
初期に見つかれば、簡単な治療で治り、後遺症もほとんど残らず、5年生存率が90%を上回るとの報告もなされています。
(通常、がんになるまでには5年~10年はかかります)
最低でも1年に1回、「口腔がん検診」を受診し、早期発見・前がん状態での治療をするとつらい思いをせずにすみます。

1.口腔がんは増えている
「口内炎が長く続いているけど、まあ別に、大丈夫だろう」
長く続く口内炎は、口腔がんの可能性があってもこのように見逃されてしまいます。口腔がんの認識が薄いがために「見つかったときはもう手遅れ・・」という悲劇になってしまう状況もあるのです。

2.致死率)がアメリカより2.5倍高い(日本は46.1%、アメリカは19.1%
口腔がん自体が認知されていないことに加え、検診の習慣もないので見つかった時にはすでにステージが進んでいることが多く、致死率が高いのです。
先進国で唯一、日本だけが口腔がんの死亡数が増加しています。
日本の「口腔がん」の死亡率は、全28部位中で「46.1%(第10位)」に位置しています。
死亡率は、なんとアメリカ(19.1%)の2.5倍以上のです。

口腔がんの主な原因(症例から)
・歯列不正(歯並びが悪い)、義歯不適(入れ歯が合わない)
・う蝕(虫歯)・歯周病、詰め物・被せ物不適
・舌小帯付着異常(舌の裏の紐のような部分が短い方は要注意)
・アマルガム(金属の詰め物)
・口内炎(10日くらい経過しても治らない場合は要注意)
・歯列不正(歯並びが悪い)
・義歯不適(入れ歯が合わない)
・HPV(ウィルス)
など

口腔がんの自覚症状
感覚としては以下のものがあります。

・痛い
・しびれている
・しみる
・噛みづらい
・飲み込みにくい
・しこりがある
・話しづらい
・アゴや舌を動かしにくい
・違和感がある
・口内炎が続いている
・首のリンパがすっと腫れている

目に見える症状としては

・舌や粘膜の色がおかしい
・しこりがある、ザラザラした突起や潰瘍、

「あてはまることがある・・でも、ぜんぜん関係ないかもしれない・・」
大げさかしら?なんてしり込みしないで、検診を受けにいらしてください。

口腔がん集団検診&講演会のお知らせ

※完全予約制 どちらも参加費無料です

集団検診

日時:平成31年3月10日(日)午後1時~5時

場所:葛西区民館(3階 集会室4)

検診医:東京歯科大学 (社)口腔外科学会 専門医 江戸川歯科医師会 口腔癌検診認定医

※定員となり次第、受付を終了させていただきます。平成31年2月1日(金)より電話受付開始します。

講演会

日時:平成31年3月10日(日)

①午後1時30分~②午後2時30分~③午後3時30分~④午後4時30分~

場所:葛西区民館(3階 集会室4前)

講師:口腔癌検討委員会委員

ご予約 お問合せ

03-3672-1634

月~金:午前10時~12時・午後1時~4時 土:午前10時~12時

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る