診療・治療情報

2018.12.01

歯を白くするさまざまな方法

こんにちは!

12月に入ってまたぐんと寒くなりましたね。

最近、虫歯を治療するだけでなく歯をきれいにしたいと意識される方がとても増えてきたように思います。歯を白くしたい、歯並びをきれいにしたい、などなど…

日本人は海外に比べて歯の意識がまだまだ低いと言われています。

芸能人の方でも笑うと銀歯がちらりと見えたりなんてこともありますが、海外の方からするととんでもないそうです。

ところが最近は虫歯になってから金属を外すのではなく、金属をお口の中からなくしたいから、金属アレルギーを防ぎたいから、といった理由でもセラミックに変えたいと来院される方も多いです☆

そんなお口の中を、白く、きれいにする方法はいろいろあります。

是非ご自身のお口の中を鏡で見てみながら検討してみてくださいね。

まずお口の中に金属がある方。

小さい詰め物だったり、大きなかぶせ物だったりいろいろあると思いますが、小さな詰め物でしたらセラミックも小さなもので済む可能性が高いです。

外してみたら中からまた虫歯ができていた…なんていうことも少なくありません。

保険の銀歯は自費のセラミックよりも二次的に虫歯になってしまう可能性が高いです。

外してみてよかった~なんてことも…銀歯の虫歯からじわじわ虫歯ができていては、わからないですよね。

かぶせ物の銀歯も、外してみると虫歯ができてしまっていることが多いです。

だいたいの場合が虫歯をとって材料を足し、すぐまた歯型をとることができますのでそんなにお時間はかかりません。

大きなものであればあるほどそうですが、お口の中から金属がなくなると印象がだいぶ変わります!

笑顔がとっても明るく美しくなります☆

次に、自分は虫歯ができにくいし痛いところもないからもうずっと歯医者に行ってないよ、という方。

歯垢は2日で歯石となります。

つきやすい、つきにくいと個人差はあるものの、虫歯がなくとも歯科医院でしっかりとプロのクリーニングを定期的に受ける事はとっても大切です!

せっかく虫歯がないのに、歯石がびっしりついていた…なんて方もたくさんいます。

歯石は硬い石のようになってしまいますから、ご自宅の歯ブラシではとれません。

超音波の機械を使ってしっかりと落としてあげることが大切です。

また、歯石に埋もれて虫歯が下にいた、なんてこともあるんです。

歯石は放っておくと歯ぐきの下まで潜り込み、歯周病を起こしたり歯ぐきが炎症を起こして腫れてしまったり、口臭にもなってしまいます。

また、お口の中はそれぞれ違いますので、衛生士に歯ブラシの効果的な動かし方や必要なアイテムのアドバイスを受ける事も、ご自宅で丁寧に磨いていただくために大切です☆

また、たばこのヤニや茶渋でお悩みの方。

市販の粒子の荒い歯磨き粉は確かに汚れが取れやすいですが、エナメル質に細かい傷を作ってしまいます。定期的にPMTCを受ける事をおすすめします。

PMTCは細かいパウダーで汚れを落としてくれるので歯を傷つけることなく汚れをしっかりと落としてくれるのでよごれが気になる方にはとってもおすすめです!

また、色が気になる場合にはホワイトニングが効果的です。

病院で行うタイプのオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うタイプのホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングは一度でしっかりと白くなるのに比べて、ホームホワイトニングは徐々に白くなっていきますが、持続性はホームホワイトニングのほうが長いです(^^♪

おすすめはオフィスホワイトニングをして、ホームホワイトニングでキープしながらさらにトーンアップして頂く事です!

是非みなさんも白くて美しい歯を目指してみてください☆

ご相談はお気軽にひまわり歯科クリニックまで。

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る