診療・治療情報

2023.12.01

歯周病の仕組み

歯周病ってそもそもどんな病気?

 

歯は骨に支えられている!?

普段の口腔内ケアでは落としきれなかった食べかすや、それを餌として繁殖する細菌の塊

お口の中の常在菌など、歯と歯の間や、歯茎との境目歯茎の中「歯垢」として溜まり

日にちをかけて固まり、「歯石」になっていきます💀

歯は歯茎の中にある骨に支えられて固定されているのに

歯石が溜まったまま放置していると

歯石にいる細菌が悪さをして骨を分解し、支えていた骨の減少によって

歯が揺れてきてしまい、残すことが難しくなり、〖抜歯〗になってしまうのです🦴🔧

 

なんで抜かなきゃいけないの?

歯石がべったりついていたせいで骨の分解が進んでしまうと

歯が揺れてきてしまい、『食いしばる』『咀嚼する』など、歯本来の機能が稼働しないのとともに

隣接している歯を支えていた骨まで分解されてしまい

多くの歯を残せる可能性が下がってしまうため、『抜く治療』を進めていくためです。

 

守るためにはどうしたら・・・

歯石になってしまうと、歯ブラシやフロスなどホームケアの道具では除去することができません⚠️

歯科に来ていただき、超音波の道具などを使い歯茎の中に溜まってしまった歯石を除去してあげることが必要です🦷✨

 

歯科に定期的に通って歯茎の中の歯石を除去し

歯石が溜まってしまわないよう、お家でのケアを頑張っていただき

8020を目指して1本でも多くの歯を守っていければと思います👵👴

 

ページトップへ
03-5622-235024時間WEB予約はこちら24時間WEB予約はこちら