診療・治療情報

2022.08.12

矯正とMFT症例

上顎が狭いと、睡眠時無呼吸症候群になりやすく、

日中の眠気、学業不振、身体成長の阻害などを引き起こすリスクが上がります。

この患者さんは、12才頃から矯正治療とMFTを行った事により、歯列拡大と、口腔筋が改善しました。

矯正前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矯正後

 

 

 

 

 

 

 

 

舌の引き締まりが起こると、睡眠の質が上がるという報告があります。

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る