診療・治療情報

2022.07.11

子供の虫歯の原因

子どもに毎日きちんと歯磨きをさせているはずなのに、虫歯ができてしまった。あるいは、虫歯ができやすいと言われたことはありませんか?
 原因は、大きくわけて3つあります!
①親から子どもに虫歯菌が感染する
産まれてきた赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌はいません。
子どもの虫歯菌は母子感染します。離乳食が完了して普通の食事に移るころ、1歳半から2歳半ごろには感染していると考えられます
母乳やミルクが終わり、離乳食が始まり、離乳が進んでくると親が自分のスプーンや箸で食べさせたり、温かい物をフーフーと息をかけて冷ますことで、唾液を介して感染することが多いです。
②歯磨きができていない
ちゃんと磨いているはずなのに、虫歯があるなんてショック😫毎日診療しているとこの言葉を何度も耳にします。
磨いていると磨けているは、大きく違います。
虫歯になりやすい場所は、奥歯の溝・歯と歯ぐきの境目・歯と歯の間です。意識して歯ブラシを当てないとよごれを取れない所です。
歯が生えたら、ガーゼや綿棒でお口の中に物が入るのを慣れさせることが大事です。
小学生の中学年くらいまでは、子どもまかせにせず、少なくとも夜寝る前は上記部位を仕上げ磨きをしてあげるといいです!
奥歯は歯と歯がくっついているため、歯ブラシだけでは汚れが取りきれないため、フロスを使うといいです
③間食が多い
間食を沢山すると歯が唾液の働きで修復される間もなく、口の中が酸性になるので歯の修復が追い付かず虫歯になります。もし間食をするなら回数を少なく決まった時間に取りましょう。
予防方法

定期的に歯医者を受診する

定期的にお口の中を検査やフッ素を塗ることによって虫歯を予防することができます。

また1歳半過ぎの卒乳も虫歯予防になります。お子様の歯が生えてきたら一度歯医者さんへ検診に行かれてみてはいかがでしょうか。

 

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る