診療・治療情報

2022.05.01

もしも一番奥の歯を失ってしまったら・・・

皆さんは1本大人の歯(永久歯)を抜くことになってしまったらどうされますか?
ご存じの通り大人の歯(永久歯)は子供の歯(乳歯)と違って失ってしまうと生えてはきません。

歯が1本ないのをそのままにしてしまうと、噛み合わせの歯が噛み合わせがなくなることにより反対の歯が出て来てしまったり、横の歯が倒れて来たりと噛み合わせも悪くなります。他の歯を長く健康に保つためにも必ず何か対処することが必要です。

治療の選択肢としては3つ挙げられます。

1.前後の歯に金具をつけて入れ歯を作成する
2.歯を失った部分の前後の歯を土台にして3本の歯(ブリッジ)を作成する
3.インプラントで歯を作成する

一番奥の歯を失ってしまった場合は歯の場合後ろの歯がないので2のブリッジは作成できず1.の入れ歯か3.のインプラントとなります。
入れ歯なら保険で作成することも出来ますしインプラントに比べて安価で済みますが、金額が多少かかっても「まだ入れ歯は入れたくない。」、「取り外しや清掃が面倒」、「見た目が気になる」、「自分の歯で食事をしたい」という要望があるようならインプラントがおすすめです。

当院では分院のよつば歯科医院でインプラントオペを行っていますのでご希望の患者様にはインプラントが可能です。

当院でインプラントを受けるメリットとしては

1.Xガイドを使用したオペ
まだ他の歯科医院であまり多く導入されていない最新の3Dナビゲーションシステム「Xガイド」を用いてインプラントオペを行っています。ナビゲーションシステムを使用することにより、どの角度でどこの深さまでインプラントを埋め込むのか立体画像を見ながら進めていくので、インプラントを予定通りの場所に正確に挿入することができます。

また従来までは穴の開いたマウスピースのようなサージカルテンプレートと言われるものを作成してオペを勧めてきましたが、XガイドはCT画像からオペまですべてがデジタル化されているためサージイカルテンプレートの作成が必要ありません。そのため早くインプラント治療に着手可能です。

2.麻酔科医による静脈内鎮静法
当院では麻酔科医による麻酔による静脈内鎮静法を行っています。全身麻酔と違って完全に意識がなくなることはなく、中枢神経系の働きを抑制するため「ウトウトと眠っているような感覚」と表現されるように不安感無くオペを受けることが出来ます。歯医者が苦手、インプラントオペが怖いなどの方に麻酔によりリラックスした状態で手術を受けていただくことにより心理的、身体的なご負担も軽減でき、よりスムーズにかつ安全に治療を進めることが可能です。

歯を失って長く期間が経過してしまうと土台になる骨や歯ぐきが痩せてしまいインプラントが困難なケースも出てきます。価格面でもローンなど分割で支払う方法もありますので、インプラント治療にご興味のある方は是非1度ご相談いただければと思います。

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る