診療・治療情報

2022.03.28

舌癖👅

舌癖とは?

舌癖とは舌を歯に常に押し付けているような癖の事を言います。

舌の正しい位置

 

 

 

 

舌の正しい位置は、上下の歯の間や下の前歯の裏ではなく上の前歯の裏です。

体の力を抜いて自然に口を閉じます。歯は噛み締めず唇だけを軽くとじ、舌の位置を確認してみてください!

 

舌癖の原因

①鼻や喉の病気による口呼吸(鼻炎、蓄膿症、アデノイド、扁桃腺肥大など)で鼻呼吸が出来ず、口呼吸となると舌が低い位置にとなり飲み込む際に舌を突出する癖がつきます。

②指しゃぶり 指しゃぶりが長く続くと上下の前歯が開いてしまい(開咬)その隙間に舌を突出させる癖がつきます。

③口周りの筋力が少ない 口周りの筋力が低下すると舌とのバランスが崩れて必然的に舌で歯を押すようになり、舌を突出させる癖がつきます。

舌癖と歯並び

舌癖は歯列不正・不正咬合の原因になります。

矯正で歯並びを綺麗にしても舌癖があると後戻りの原因にもなります😨

舌癖を治す方法

  • 口を大きくお口を開けて、舌先で唇をなぞるトレーニング
  • 舌を上あごにつけたまま吸い上げ、ポンと音を鳴らすトレーニング
  • よく噛んだガムを舌先で丸めたり、上あごに押しつけつぶすトレーニング などいろいろありますが自分一人でやってみると難しいですよね⁉

当院では矯正治療と一緒に舌癖のトレーニングMFT(口腔筋機能療法)指導も行っているので、後戻りを予防しながら矯正することができます!

歯並び、矯正が気になる方は相談無料で行っていますのでぜひ一度当院にお越しください(^▽^)/