診療・治療情報

2022.02.02

口内環境と体の健康の関係

歯と身体の健康

よく歯の健康と身体の健康を別に考えがちですが実は口内環境と身体の健康は大きく関係しています。

お口の血管や神経などは全身と繋がっています。そのため、歯周病が進行すると、歯周病菌が腫れた歯肉から血管内に侵入し全身に行き渡り、心臓や肺、子宮、そして脳まで…歯周病が重篤な全身疾患(心臓疾患・脳梗塞・糖尿病・誤嚥性肺炎・骨粗鬆症)を引き起こすこともあり、全身の健康を守るためにもお口の健康が重要です(o^―^o)

口腔ケアで予防できること

虫歯や歯周病予防にもなりますが、身体にもいいことが沢山あります。

1口腔内をきれいにすることによって細菌を減らし全身疾患の予防・唾液の抗菌作用で口腔疾患予防

2噛み合わせを綺麗にすることによって、よく噛むことができ味覚の改善・噛むことで脳を刺激認知症予防

など口腔内と身体は大きく関係しており、口腔ケアすることによって身体の大きな病気の予防にも繋がります。

 

口腔内を清潔に保ち体の健康を維持するためにも3~4か月ごとにクリーニングを兼ねた定期健診を行うことをお勧めします(^▽^)/

歯並びに関してはいつでもご相談可能なのでご連絡お待ちしています❕

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る