診療・治療情報

2022.01.14

メタルコアとファイバーコアの違い

皆さんこんにちは(^▽^)/

前回虫歯の治療について説明させていただきましたが、今回は歯の土台について説明していこうと思います。

人工歯を失う原因として多いのが硬い土台を使った為に歯の根が折れてしまうことです。

人工歯を長期的に保つために土台選びが重要です。

 

メタルコア 保険内治療

コアの部分が銀合金で作られたもの

  • ●硬すぎるため、歯が割れてしまう可能性がある→歯が割れてしまった場合、高確率で抜歯になってしまいます。
  • ●太く長いコアを入れていた場合には、再治療が困難→コアの除去時に歯が割れて、抜歯になる可能性あり
  • ●金属を使用している為、金属アレルギーになる可能性がある

審美性は優れていませんが、保険内の治療ですので安価なのがいい点です。

 

ファイバーコア 保険外治療

コアの部分がファイバーで作られたもの

  • ●硬さが歯とほぼ同じため、歯が割れる可能性が低い
  • ●歯と同じ透明度なので審美性に優れている→オールセラミッククラウンとの相性がいい
  • ●強度があり耐久性がある
  • ●金属を使用していない(メタルフリー)ため、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーの心配がない
  • ●除去が容易なので再治療もできる
  • 保険外の治療になりますので高価な点がデメリットとしてあげられます。

 

メタルコアとファイバーコアではそれぞれの特徴がありますが、自分の歯をより大切にしたければファイバーコアの方が適しています。

一度失ってしまった歯は元には戻らず再生をすることは不可能です。ですので、歯を大切に扱い、出来るだけ削ったりなくしたりしないようにしましょう。

定期的にひまわり歯科に来院し、歯に異常がないかチェックできるといいですね♪

 

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る