診療・治療情報

2022.01.06

虫歯の治療について

虫歯の治療といってもたくさん種類があります。大きさによって治療も変わってくるので治療ないようについて少しお話ししたいと思います。

小さな虫歯の場合

虫歯を取り除いた後レジンと呼ばれるプラスチック素材で虫歯を取り除いたところを埋めて光照射で固めていきます。

メリットとしては見た目が白いのです審美的に良い、デメリットとしては長期間だと変色してしまう強度が詰め物より弱いなどが挙げられます。

少し大きな虫歯の場合

虫歯が少し大きくなると、プラスチック素材のレジンでは強度が弱く割れやすくなってしまうので詰め物になります。

保険範囲内では銀の詰め物、自費ではセラミックの詰め物になります。どちらも強度はありますが銀だと長期間だと錆びてしまうのと審美的なデメリットが挙げられます。セラミックは審美的、長期間変色しないなどのメリットはありますが少し高価になります。

大きな虫歯の場合

虫歯が詰め物では埋まらないほど大きくなってしまうと神経をとって根の治療を行うことになります。そのあとに土台を立てて被せ物になります。土台やかぶせ物にも保険と自費があるのでまた次回土台の違いについてお話しできればと思います。

痛みが出るのは虫歯が大きくなってからがほとんどなので痛みが出る前に定期検診で定期的にケア出来ると良いですね。

定期検診の目安は3が月に1回程度、自分では磨けないところをクリーニングも兼ねて通うのがおすすですよ!

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る