診療・治療情報

2020.02.03

白いかぶせ物・詰め物

虫歯治療にあたってかぶせ物や詰め物をする場合、保険内の銀歯の他に白いかぶせ物・詰め物があります。

その場合自費診療になりますので、お値段はぐんと高くなってしまうのですがその分審美性・耐久性・精密さに優れています。

銀歯で治療を行った場合、保険の範囲内の材料になりますのでどうしても精密さに欠けてしまいます。

 

白いかぶせ物・詰め物はこんな方におススメ!!

・白く自然なかぶせ物・詰め物を入れたい

・耐久性があり、長持ちするものにしたい

・過去のかぶせ物・詰め物が変色してきた

・かぶせ物と歯茎の境目に黒ずみがある

・金属アレルギーが心配

・銀歯を白くしたい

 

 

当院で1番人気のセラミック「ジルコニアクラウン」

ジルコニアは白いダイアモンドとも呼ばれ、耐久性と審美性を兼ね備えた生体親和性の高い素材です。

医療用人工関節や工業用製品など、幅広く使われています。

強度があるので奥歯の治療にはもちろん、光を透過し自然に色味が再現できるため、周囲の歯の色と合わせやすく審美性を求める前歯の治療には特におすすめです。

 

奥歯の詰め物には「イーマックス(e-maxインレー)」

イーマックスは、ニケイ酸リチウムガラスセラミックと呼ばれる審美性・耐久性が高い最新の素材です。

インレー治療(小さな詰め物)の中では最も耐久性、審美性に優れており虫歯や歯ぎしりなどによる破損にはとても強いです。

純セラミックなので透明度が高いのも特徴です。

虫歯の範囲が小さい場合は、かぶせ物ではなくこのような詰め物での治療が可能です。

 

銀歯の詰め物を白い詰め物(イーマックスインレー)に変えたお写真がこちらです。

見た目がとっても綺麗になったのが一目でわかりますね(^^)

 

被せものをする前のコア(土台)について

コアとは、虫歯になった歯や、歯冠部を失ってしまった歯の根部の補強をする補綴物のことです。

歯髄(神経)を失った歯は栄養が行き届かないため歯質は脆くなってしまいます。

そこで歯の根部にコアと呼ばれる土台を入れ、補強した上でかぶせものをします。

また、根の治療などによって、神経がなくなると歯髄腔(神経が通る穴)は空洞になります。

そこにまた細菌などの感染が起こらないように樹脂とコアで密閉することによって、二次感染を防ぐという効果も担っています。 

保険内の金属性のレジンコア・メタルコアを使用することが一般的ですが、当院では見た目や強度に優れたファイバーコアをおススメしています。

 

土台なので見えない部分ではありますが、ファイバーコア(グラスファイバーコア)は歯に近い弾性を持っているので歯より硬い金属性のメタルコアに比べ歯根破折のリスクを低減させ歯の寿命を延ばすことができます。

また、金属の土台ですと歯茎が黒ずんでしまうのですが、ファイバーコアはその心配がありません。

 

いかがでしたか?

本日ご紹介したほかにも、当院では様々な審美歯科に対応しております。

ご相談のみのご予約も承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

お待ちしております(^O^)

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る