診療・治療情報

2019.09.20

ドライマウスとは?

こんにちは!

今日も涼しく過ごしやすいお天気です♪

その一方で、秋から冬にかけて空気の乾燥が気になりますね(*_*)

空気の乾燥は、風邪をひきやすくなったりお肌も乾燥したりと大敵です!

また、お口の中の乾燥にも要注意です。

空気が乾燥すると、健康な方でも喉やお口の中が渇きがちになります。

 

お口の中が乾燥すると…?

皆さん“ドライマウス”をご存知ですか?

ドライマウス(口腔乾燥症)とは、唾液の分泌が低下してお口の中が渇く病気です。

唾液が不足する事で様々なお口のお悩みを引き起こしますが、ご自身がドライマウスだと気づいてない方が多いのです。

セルフチェックしてみましょう!

 

・食事がとりにくくなる

・乾いた食品を食べづらい

・口が渇いて喋りにくい

・夜間、水を飲むために目が覚める

・口の中がネバネバする

・舌が渇いてヒリヒリする

・口臭が気になる

・入れ歯が擦れる

 

他にも、唾液の分泌量が減少することで次のような症状に繋がることもあります。

・むし歯や歯周病になりやすくなる

・口内炎ができやすくなる

・風邪をひきやすくなる

・味覚がおかしくなる

 

唾液の役割

唾液には、抗菌作用や自浄作用などがあり、健康を守る重要な役割があります。

・抗菌作用…お口の中の細菌の増殖を抑える

自浄作用…お口の中の細菌や食べかすを洗い流して綺麗にする

・消化作用…唾液に含まれる消化酵素により、デンプンを分解して消化を助ける

・保護作用…お口の中の粘膜を保護し、傷を修復する作用がある

歯の再石灰化作用…歯の表面から失われたカルシウムやリンを補って修復します

 

~ドライマウスの対処法~

①噛むことで唾液の分泌を促す

ガム(キシリトール配合のもの)を噛んだり、食事の際には水分をしっかりとり、噛む回数を増やすように心がけましょう。

また、レモンやミカンなどの柑橘類、梅干しなども唾液の分泌に効果的です。

 

②保湿ケア

保湿ケア製品を使ってお口の中の保湿をしましょう。

専用のマウススプレーやジェルを使うとよいでしょう。

また、乾燥した室内にいるとお口の中も乾きます。

加湿器などを使ってお部屋の中が乾燥しないようにしましょう。

 

③唾液線のマッサージをする

唾液線のマッサージが効果的です!

強く押さずに優しくマッサージをしましょう。

正しい位置を押すと唾液がジワーっと出てきます。

④舌の運動をする

舌を動かすことで唾液線が刺激され唾液の分泌を促します。

 

 

ドライマウスが改善するとお口本来の働きがスムーズになり、おいしくお食事が摂れるようになります!

これからもっと寒くなり空気が乾燥する季節、お口の中も乾燥対策をし、健康なお口の中を保ちましょう(^O^)/

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る