診療・治療情報

2019.08.10

ファイバーコアについて

昨日のブログでセラミックについてお話をしましたが、今日は“ファイバーコア”についてご紹介したいと思います。

かぶせ物の治療では、神経の処置が終了したら、人口の土台(コア)で歯を補強する処置を行います。

その土台(コア)にも、保険診療のものと自費診療のものの2種類がございます。

 

・土台(コア)の素材の違い

土台(コア)は目立たない部分になりますが、歯を長く保つためにとても重要な治療となります。

一般的に使用されている金属の土台(メタル・レジン)は丈夫ですが硬すぎるため、強い力がかかった時に歯が割れてしまうことがあります。

このような場合、歯の保存が難しい割れ方をすると歯を抜かなくてはいけません。

そのため、当医院では、歯の象牙質(歯の内側の部分)と同じくらいの硬さと弾性があり、歯への負担を大幅に軽減できるファイバーコアをお勧めしています。

 

・ファイバーコアとは?

神経の処置を行った後の根管内にファイバーポストと呼ばれる材料を立て、その周りに歯の色に似たグラスファイバー強化型プラスチックで固めてファイバーコアを作成します。

※ファイバーポストは、2003年に厚生労働省に認可されたグラスファイバーの繊維で樹脂を固めて作られた新素材です。

 

・ファイバーコアの特徴

①透明感のある美しい歯を再現

歯は光を通しますが、金属の土台はまったく光を透過しません。

ファイバーコアは光の透過性があり歯に似た白さのため、自然で透明感のある美しい歯を再現できます。

また、金属の色が歯ぐきを透過して見える黒ずみの心配もありません。

 

②歯に似たしなやかさ

ファイバーコアは、耐久性がある上に硬さや弾性がほぼ歯と同じであるため、歯にやさしく、歯が割れる(歯根破折)リスクも軽減できます。

 

③金属を使わない

ファイバーコアはグラスファイバー樹脂だけでできているので腐蝕することはなく、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色の心配もいりません。

また、金属を一切使用せずに処置ができるため、金属アレルギーに心配がありません。

 

いかがでしょうか?

単に土台だけ見てもこれだけの違いがあります。

保険適用内での治療は、「審美性」「耐久性」などの面において、やはり限界があります。

長い目で見れば、多少料金は高くなっても、綺麗で丈夫な治療をした方が良い場合もあります。

歯は一度抜いてしまったら二度と生えて来ません(>_<)

ご自身の歯で長く健康にお食事ができるよう、歯にやさしい治療をお勧め致します!

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る