診療・治療情報

2019.06.17

矯正治療“インビザライン”について

こんにちは!

今日はとても天気が良く気持ちのいい朝でした(^^)/

梅雨の時期の晴れ間はとてもうれしくなりますね♪

 

今日は、矯正治療の一種である“インビザライン”についてご紹介したいと思います。

 

~インビザラインって?~

ワイヤーやブラケットを歯に固定させる矯正とは違い、自分で着脱が可能なマウスピース型の矯正装置です。

厚みが薄く、色味は透明に近い装置なので、至近距離でも目立たず、矯正中であることが気づかれにくいのが大きな特徴です。

目立たなさ、ストレスの少なさが従来の矯正方法に抵抗のあった方にとっては踏み出しやすい治療方法ともいえます。

 

マウスピース矯正はには数々の種類があり、ひまわり歯科でも以前から行っておりましたが、“インビザライン”比較的幅広い症例に対応することができます。

 

矯正先進国アメリカで誕生。

1997年、歯科矯正需要が非常に高いアメリカで誕生しました。

日本では2006年に導入されました。

見た目を気にせず矯正できる画期的な治療方法として広く普及し、現在では全世界で500万人以上が治療する非常に人気の高い矯正方法です。

 

インビザラインのメリット

・矯正治療が目立たない

・お食事や歯みがきの際に矯正装置(マウスピース)をご自身で外すことができる

・取り外しが可能な事によって、お口の中とマウスピース自体も簡単にお掃除ができて衛生的

・矯正装置が外れたり、金具が刺さったりしない

・金具などを使わないので金属アレルギーの心配がいらない

 

“インビザライン”のセミナーに参加してきました!

矯正歯科と小児歯科の両面で優れた業績を持つ若き歯科医師“シルビア・カルーソ先生”をお迎えしてのセミナーでした。

インビザライン治療においてカルーソ先生は世界で最年少の「ダイヤモンドプロバイダー」です。

カルーソ先生の強い信条は、優れた治療と良質な結果を生むための最大の鍵は優れた「クリンチェック」による治療計画であるというものです。

今回参加したセミナーは、光加速矯正治療におけるクリンチェック小児のためのインビザラインファースト®︎について統合プロトコルを含めて学べる画期的な内容でした!

 

 

ハリーポッターのエマワトソンも、メディアに出ている有名人や国際的な舞台で活躍する人たちの多くが実は矯正治療をしています。

ジャスティンビーバーは、“インビザライン”で治療したそうです。

最近では日本のアイドルも矯正治療をされている方が増えてきました。

アメリカのティーンエイジャーのほとんどは矯正治療をしていて、恥ずかしいと思うことなどありません。むしろ、歯ならびが悪い状態をそのままにしておくことの方が恥ずかしいという時代です。

キレイにカッコ良くなるための矯正治療、隠す必要なんてありません!

 

今回ご紹介した“インビザライン”をはじめ、矯正治療についてのご相談は随時ご予約を承っております。

詳しくはお気軽にお問合せ下さい(^O^)

 

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る