歯周病

セルフチェックが重要な歯周病

セルフチェックが重要な歯周病歯周病は自覚症状がほとんどなく、かなり進行してから気付くことが多くなっています。進行してしまうと健康な歯を失うことになりますし、治療もかなり難しくなって次々に歯を失うことになりかねません。
本来は自覚症状がなくても定期的に歯科検診を受けて早めに治療することが理想ですが、もし下記のような症状に気付いたらできるだけ早く歯科クリニックを受診して、ご自分の歯と全身の健康を守ることにつなげましょう。

歯周病の代表的な自覚症状

歯ぐきからの出血

歯磨きの際の出血は歯周病の代表的な症状です。食事の時に出血することもありますし、なにもしていないのに歯ぐきから出血や膿が出ることもあります。

口臭

口臭を起こす原因にはさまざまなものがありますが、口臭は歯周病によって強くなる傾向があります。歯周病の原因菌が繁殖した口臭であり、出血や膿が出ている場合には口臭がさらに強くなります。

歯が以前より長く見える

歯周病は歯ぐきに炎症を起こすだけでなく、顎の骨を溶かしていく病気です。骨の減少と炎症によって歯ぐきが痩せて下がり、以前より歯が長くなったように見えることがあります。歯と歯の間も広がり、食べかすが挟まりやすくなるため虫歯リスクも上昇します。また歯が浮いたような違和感が生じることもあります。

歯がグラつく

歯を支えている骨が歯周病の原因菌によって溶かされていき、舌や指で押すと歯がグラつくようになります。歯のグラつきがある場合には、歯周病がかなり進行しており、一刻も早く適切な治療を受ける必要があります。

歯ぐきの違和感

歯ぐきの腫れ、むず痒さ、痛み、変色などが起こり、違和感が生じます。歯ぐきがブヨブヨとやわらかい場合には歯周病が強く疑われます。また、歯周病では歯ぐきが炎症を起こすため、歯ぐきの色が赤や赤紫になっていたら要注意であり、濃い色になるほど重症である可能性が高まります。

歯周病の治療法

歯周病の進行段階や口腔内の状態により、最適な歯周病予防の方法は変わってきます。当院では歯周病治療の治療法を常に最新のものにアップデートしており、下記の治療法を選択肢としてご提供しています。

スケーリング

歯周病の原因となる歯の表面についた歯石を取り除く治療です。歯科医師や歯科衛生士が行うもので、歯にダメージなく歯面に貼りついた歯石を除去するために、超音波スケーラーという専用機器を用います。

デブライドメント

歯にダメージを与えることなく歯周病菌が集まったプラークを除去します。さらに、歯周病菌によって汚染された部分を取り除くルートプレーニングを行うことで、歯根面もなめらかに整えて歯周病菌が付着しにくい口腔内環境を作ります。

フラップ手術

歯周病が進行すると歯を支える歯槽骨を溶かしますが、その際に行われる外科処置です。歯ぐきを切開して奥にある歯根面に付着したプラークや歯石を除去します。

レーザー治療

レーザーの光や熱を用いて歯周ポケット内の歯石を取り除き、細菌を殺菌します。止血効果や傷みを和らげる効果も期待できます。

歯茎の再生治療(結合組織移植術)

歯槽骨が溶かされてしまっている重度の歯周病に用いられます。老けた印象を与えやすい歯が長く見える場合に、歯ぐきを再生することでその審美性を改善することができます。

骨移植

溶かされて骨が少なくなった部分にご自分の自家骨や人工骨を移植して再生に導く治療法です。

エムドゲイン

歯周組織再生療法で、溶けた歯槽骨や歯根膜などの組織を回復させるために行います。歯が生える時に重要な働きをするタンパク質の一種を主成分とした、エムドゲイン・ゲルを用いて治療します。これにより、歯の成長過程に似た環境を作り、再生に導きます。

GTR(歯周組織誘導法)

歯周組織誘導法です。メンブレンという膜を歯茎の中に挿入して溶けた歯槽骨や歯周組織の再生を誘導する再生治療です。

歯周病が日本人に多い理由

歯周病が日本人に多い理由日本では、5人に4人が歯周病になっているという調査報告があります。そして、歯を失う原因として、日本で一番多い原因は歯周病です。これには、予防意識の低さと、きちんと治すのをあきらめてしまうことが大きな原因になっていると考えられます。

予防の重要性

歯周病は早期に発見して適切な治療を受け、日々のケアや定期的な検診を続けることで進行させずによい状態を保つことができます。ところが歯周病は初期の自覚症状がほとんどないため、症状がなくても定期的に歯科検診を受けないとかなり進行してから歯周病に気付くことになります。
日本は保険診療が充実しているため、「具合が悪くなったら受診する」習慣が根強くあり、歯科予防に対する関心はかなり低い傾向があります。これにより、日本には歯周病にかかっていることに気付いておらず、放置している方が大勢いらっしゃいます。ただし、歯周病は悪化すると患者さんの根気が不可欠な治療が必要になり、治すことが困難になっていきます。

進行してしまった歯周病をきちんと治すのが難しい理由

進行してしまった歯周病の治療では、口腔内をいくつかに分けて少しずつ治療を進めていくため、最低でも半年、長ければ1年以上、歯科クリニックに通院する必要があります。そのため、ある程度症状が緩和すると治療をあきらめてしまう方が多く、さらに悪化させてしまい、これを繰り返して歯を失うことにつながっています。
進行してしまう前に気付き、健康な歯を維持できるように定期的に歯医者さんへ行きましょう。当院でも、歯周病予防を積極的に取り組んでおりますのでお気軽にご連絡ください。

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る