当院からのお知らせ

2019.06.06

歯茎が下がる原因

年齢のせいで下がってきたなぁ…と思っている方、実はそれは年齢が直接的な原因ではありません!

歯茎が下がる原因には、歯周病の他に強すぎるブラッシングや歯ぎしり、食いしばりなどいろいろなことが考えられます。

 

歯茎が下がる主な原因とは?

・歯周病

歯周病が進行すると、骨(歯槽骨)が溶けて、歯茎も下がってきます。

・オーバーブラッシング

間違った方法や強い力でブラッシングをすると歯茎に負担がかかり、歯茎が下がってきます。

・歯ぎしり・食いしばり

歯に過度な力がかかると骨が溶けて歯ぐきが下がってくることがあります。

・歯並びが悪い

歯が磨きにくい為、歯周病のリスクが高まります。また、噛み合わせが悪くなり過度の力がかかりやすいので歯茎が下がりやすくなります。

 

歯肉のタイプによってリスクも異なります!

歯茎が下がった状態を歯肉退縮(しにくたいしゅく)といいます。

歯茎やその下にある骨(歯槽骨)の厚さによって歯肉退縮になるリスクの度合いが違います。

歯茎が薄く、骨が薄い人は特に注意が必要です。

※実は日本人は歯肉退縮になりやすいといわれています

 

歯周病や歯肉退縮によるリスク

歯茎が下がると、歯の根っこの虫歯や知覚過敏のリスクが高まります。

痛みが起こる場所は、歯肉が下がり象牙質が露出した歯の根の部分(歯根部)です。

象牙質はエナメル質に比べて柔らかく、内部(神経や血管で構成されている歯随)に向かって象牙細管と呼ばれる細い管が通っています。

歯みがきや温度・冷風などの刺激があると、象牙細管内を満たしている内用液が移動し、内部の歯随神経を直接刺激する事で痛みが生じます。

そのため、歯肉が下がった部分が痛みを感じやすくなります。

 

~歯肉退縮にならないために~

1.日頃の正しいブラッシングと検診

皆さん毎日歯みがきはしていると思いますが、そのブラッシングの仕方がとても大切です。

どんなに丁寧に時間をかけて磨いていても、間違ったブラッシングをしていては意味がありません(*_*)

正しいブラッシング方法については当院で指導を行っていますので是非1度ご相談ください♪

2.歯ぎしり対策のナイトガード

睡眠時に歯ぎしりによる歯への負荷を防止するためのナイトガードの装着をお勧めしています。

当院で1週間程度で作製できます。費用も保険適用内になります。

 

3.歯並びが悪い場合は矯正を

当院では歯列矯正も行っています。

歯並びが悪いとブラッシングが難しいため、プラークや歯石が残って虫歯や歯周病のリスクが上昇します。

歯並びでお悩みの方は1度ご相談ください。

無料相談も承っております(^^)/

 

 

2019.05.24

☆6月☆矯正歯科医(Dr小林)診療日

6月15日(土)

6月18日(火)

 

歯列矯正で通院いただいてる方はもちろん、今後矯正をお考えの方のご予約も承っております。

スタッフまでお問い合わせください。

2019.05.24

☆6月☆口腔外科医(Dr岩城)診療日

6月2日(日) ※午前のみ

6月17日(月) ※午後のみ

6月23日(日) 

 

親知らずの抜歯や舌のご相談などございましたら、岩城先生でのご予約をおすすめ致します。

スタッフにお問合せ下さい。

2019.04.22

☆5月☆矯正歯科医(Dr小林)診療日

5月18日(土) 10:00~17:00

5月21日(火) 11:00~20:00

 

歯列矯正で通院いただいてる方はもちろん、今後矯正をお考えの方のご予約も承っております。

スタッフまでお問い合わせください♪

2019.04.16

☆5月☆口腔外科医(Dr岩城)診療日

5月12日(日)

5月20日(月)※午前のみ

5月29日(水)※午後のみ

親知らずの抜歯や舌のご相談などございましたら、岩城先生でのご予約をおすすめ致します。

スタッフにお問合せ下さい♪

2019.04.15

☆ゴールデンウィークの診療日☆

ひまわり歯科はゴールデンウィークも診療致します。

★4月

27(土)28(日)29(月)30(火)

★5月

1(水)2(木)3(金)4(土)

 

午前 9:30~13:00(最終受付12:30)

午後 2:00~4:00(最終受付3:30)

 

10日間という大型連休、

歯が痛くなっちゃった…詰め物が取れてしまった…など、お困りの際はご連絡下さい。

急患も随時対応しております。

 

尚、5月5日(日)・6日(月)は休診日となりますのでご注意くださいm(__)m

 

2019.01.16

歯列矯正の仕組み

こんにちは!

今日は天気が良くて気持ちがいいですね(^^♪

さて、当院では歯列矯正の治療を行っていますがどんな仕組みで歯が動いているかわからずに治療を受けている方も多いと思います。

そこで、今日は歯列矯正の仕組みについてお話してみたいと思います☆

◆組織学から考える「歯列矯正の仕組み」

歯の根の部分(歯根)と歯槽骨の間には歯根膜と呼ばれる繊維状の組織が存在します。

この歯根膜は、物を噛んだ時にその硬さなどを感知する圧力センサーとしての機能も持っており、噛む強さ等を自動的にコントロールする大事な役目を果たしています。

歯に矯正力が加わると片側の歯根膜は伸び、反対側の歯根膜は圧縮されます。

そうすろと歯槽骨の表面に変化が起きます。伸びた歯根膜の先の歯槽骨面上では骨芽細胞と呼ばれる骨の元になる細胞が現れ、歯槽骨を新しく作っていきます。

圧縮された歯根膜の歯槽骨面上では破骨細胞と呼ばれる骨を溶かす細胞が現れ、歯槽骨を吸収していきます。

 

矯正治療の治療期間が長い理由

骨形成と骨吸収による変化は自然の状態でも成長に伴っておこなわれています。

骨吸収により古くなった骨が壊れる一方で新しく骨が作られる骨形成を繰り返して新陳代謝を行っています。

矯正治療はこの作用を活かしたもので、歯に矯正力をかけることにより部分的に変化を与えて骨形成と骨吸収を起こして徐々に歯槽骨の中の歯を移動させるものです。

歯を動かすには適正な矯正力というものがあるため、強い力をかけたから歯が早く動くというものではありません。

強い力がかかると歯根膜に変性組織が生じたり、歯槽骨が溶ける「歯根吸収」を起こすといった障害が起きることがあります。

患者様の中には早く動かしてほしいと希望される方もいらっしゃいますが、上記にご説明したことをお話し、ご理解いただいております。

適正な力で組織変化を起こして歯を動かしていくことが望ましいのです。

当院では、なるべく弱い力で効率よく歯が動くよう、ニッケルチタンワイヤーを使用しているので、治療期間は短縮されています。

矯正のご相談はお気軽にひまわり歯科クリニックまでお問合せください☆

相談は無料でご予約承っております!

2018.11.15

歯ぎしり・噛みしめを生活習慣で治そう

歯ぎしりや噛みしめを無意識にしてしまている人はとても多いです。

誰もがしている一種の癖ですが、ひどくなると時に次のような問題を起こします。

・歯の摩耗、破折、歯がしみる、噛むと痛いetc…

・歯肉炎、歯周病

・顎関節症、開口障害、カックン音

・顔面痛、頭痛、肩こり、腕のしびれ、腰痛

・舌痛症、むちうち症状、倦怠感

これらの症状のすべてが「歯軋り」「噛みしめ」が原因というわけではありませんが、無用な悪い癖は治しておくほうが良いでしょう(^^)/

まずは日中の気づきから…

仕事中や勉強中など、何かに夢中になっているとき、ふと気が付くとしっかり噛みしめている、あるいは舌を吸いつづけていることはありませんか?

そんな時には、肩を上下させ、首から上の力を思いきり抜いて、頬の力を抜き、歯を咬み合わせないようにします。

寝ているときのコントロール…

①枕を低くしましょう

後頭の一番出っ張ったところより首の付け根近くに枕を置きます。

そうすることで、口が開きやすくなり噛みしめを起こしにくくします

②布団に入ったら何も考えないようにしましょう

布団の中はねむるだけのとことろ決めてください。

③眠る前のトレーニング

まずおもいきり噛みしめる。1~2秒後にフッと顎の力を一度に全部抜く。

息を吸いながら思いきり大きな口を開け、がくんと一気に脱力すると同時に息を吐く。

肩→胸→腹→太ももの順に、力を入れる→脱力を行う。

全身の力が抜けた状態でぐっすり眠る。

 

 

2018.11.05

当院の滅菌対策

当院では、患者様の治療に使用するタービン・バーは、毎回患者様ごとに滅菌消毒したものを使用しています!

タービンも直接お口に入るバーも十分にご用意し、使用後の器具は専用の滅菌洗浄器で行い、清潔で安心・安全な治療環境を整えています。

滅菌の設備

当院では基準の高いクラスB滅菌器を完備し、徹底した衛生管理を行っています。

高温高圧の蒸気で細菌や病原体を完全に死滅させることができます。
※クラスB:ヨーロッパの滅菌基準。

ンドピースの滅菌

加圧脱気を繰り返し行うことで、中空のあるハンドピースも内側までしっかり滅菌できます。

滅菌する前にはこの超音波機械で汚れをしっかり落としています!

 

2018.10.31

虫歯はどうしてできるんだろう?

お口の中の歯垢の中にいる虫歯菌が、食べ物から栄養をとり、糖を分解して酸を作ります。

この酸によって歯の表面からミネラル成分(カルシウム・リン)が溶けだします。

これが虫歯の始まりです(T_T)

歯垢=プラーク

歯垢とは、食べかすや歯の垢ではなく、ねばねばした細菌の塊です。

歯垢の中には虫歯菌がいっぱい!

唾液には、酸を中和する働きや、酸によって溶かされたミネラル成分を元に戻す働きがあります。

この働きが、溶かされる成分量に追いつかないと、虫歯になってしまうのです。

1 2 3 4
TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る