当院からのお知らせ

2022.07.21

🦷歯周炎の症状はありませんか🦷?  

歯磨きをしていると出血した経験はありませんか?

鏡をよく見ると歯ぐきが赤くなっていたり、ぷくぷく丸くなってなっているところはありませんか?

それが歯茎の病気『歯周炎』です。

日本人の場合、10~20代前半で既に60%の人が歯周炎にかかっていると言われています。歯周炎は、周歯病と呼ばれる歯茎の病気の初期段階です。歯周病は、はじめは強い痛みはなくゆっくり進行しますが、歯周炎の状態で歯みがきや食生活を改善せずに放置しておくと、やがて歯を支えている組織が破壊され、将来歯がグラグラになり抜けてしまいま。今のうちから歯周病予防を始めましょう。

 

どうして歯周炎になったのか?自分の生活を振り返ってみましょう‼

🔲歯みがきはしているけど、きれいになっているか自信がない😥

🔲甘いのもが大好きで、おやつなどの間食が多い🍰

🔲ジュースや炭酸飲料・スポーツドリンクを毎日飲んでいる🥛

🔲正しい歯みがきの仕方がわからない🦷

🔲気が付くと口で呼吸をしている(鼻で息ができない)👄

当てはまる項目、いくつありましたか?

歯みがきできちんと汚れが取れていないと、お口の中ではプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊が、食べかすや甘い飲み物などをエサに繁殖します。そして、その細菌により歯茎が歯肉炎になり出血したり赤くなったりしてしまうのです。

 

まずは歯みがきと食生活を見直しましょう

●歯周炎は、早く治療を始めれば早く治すことができます。

●歯医者さんで上手な歯みがきの方法を習ってみましょう。

●歯みがきだけでなく食生活も大切です。好き嫌いなくバランスよく食べましょう。また、おやつはダラダラ食べず時間と量を決めて食べましょう。

●塾、部活等で生活が乱れたり、受験などのストレスも影響します。生活のリズムを整え、睡眠も十分にとるようにしましょう。

                            

                  ひまわり歯科クリニック🌻

 

 

 

 

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る