診療・治療情報

2019.06.06

歯茎が下がる原因

年齢のせいで下がってきたなぁ…と思っている方、実はそれは年齢が直接的な原因ではありません!

歯茎が下がる原因には、歯周病の他に強すぎるブラッシングや歯ぎしり、食いしばりなどいろいろなことが考えられます。

 

歯茎が下がる主な原因とは?

・歯周病

歯周病が進行すると、骨(歯槽骨)が溶けて、歯茎も下がってきます。

・オーバーブラッシング

間違った方法や強い力でブラッシングをすると歯茎に負担がかかり、歯茎が下がってきます。

・歯ぎしり・食いしばり

歯に過度な力がかかると骨が溶けて歯ぐきが下がってくることがあります。

・歯並びが悪い

歯が磨きにくい為、歯周病のリスクが高まります。また、噛み合わせが悪くなり過度の力がかかりやすいので歯茎が下がりやすくなります。

 

歯肉のタイプによってリスクも異なります!

歯茎が下がった状態を歯肉退縮(しにうくたいしゅく)といいます。

歯茎やその下にある骨(歯槽骨)の厚さによって歯肉退縮になるリスクの度合いが違います。

歯茎が薄く、骨が薄い人は特に注意が必要です。

※実は日本人は歯肉褪色になりやすいといわれています

 

歯周病や歯肉退縮によるリスク

歯茎が下がると、歯の根っこの虫歯や知覚過敏のリスクが高まります。

痛みが起こる場所は、歯肉が下がり象牙質が露出した歯の根の部分(歯根部)です。

象牙質はエナメル質に比べて柔らかく、内部(神経や血管で構成されている歯随)に向かって象牙細管と呼ばれる細い管が通っています。

歯みがきや温度・冷風などの刺激があると、象牙細管内を満たしている内用液が移動し、内部の歯随神経を直接刺激する事で痛みが生じます。

そのため、歯肉が下がった部分が痛みを感じやすくなります。

 

~歯肉退縮にならないために~

1.日頃の正しいブラッシングと検診

皆さん毎日歯みがきはしていると思いますが、そのブラッシングの仕方がとても大切です。

どんなに丁寧に時間をかけて磨いていても、間違ったブラッシングをしていては意味がありません(*_*)

正しいブラッシング方法については当院で指導を行っていますので是非1度ご相談ください♪

2.歯ぎしり対策のナイトガード

睡眠時に歯ぎしりによる歯への負荷を防止するためのナイトガードの装着をお勧めしています。

当院で1週間程度で作製できます。費用も保険適用内になります。

 

3.歯並びが悪い場合は矯正を

当院では歯列矯正も行っています。

歯並びが悪いとブラッシングが難しいため、プラークや歯石が残って虫歯や歯周病のリスクが上昇します。

歯並びでお悩みの方は1度ご相談ください。

無料相談も承っております(^^)/

 

 

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る