小児歯科

小児歯科の重要性

小児歯科の重要性乳歯はいずれ永久歯に生え変わってしまいますが、乳歯は顔の表情筋や顎の発達を助け、フェイスラインを整える役割を果たしています。虫歯があって片方だけで噛んでいると、顔が左右対称に成長せずにゆがんでしまう可能性があります。また、健康な乳歯があればさまざまな食材を食べることができ、好き嫌いが少なくなり、健康にも大きく役立ちます。乳歯の歯並びは発音も左右し、明瞭な言葉を話すためにも重要です。
また虫歯のない乳歯は、これから生えてくる永久歯を正しい位置に誘導します。虫歯で乳歯がより早い時期に抜けてしまうとガイドを果たすものがなくなるため、永久歯の歯並びや噛み合わせを乱しやすくなります。
生え変わるからと乳歯の虫歯を深刻に考えない方もいらっしゃいますが、生えてすぐの永久歯はやわらかくて虫歯になりやすく、進行が早いため乳歯の虫歯があることは深刻な問題です。
乳歯のうちからしっかり治療と予防を行い、将来にわたってきれいで健康な口腔内を保ってあげるための土台作りをしてあげましょう。

やわらかい乳歯や永久歯を虫歯から守る、フッ素塗布

虫歯は口の中に存在するミュータンス菌をはじめとした原因菌が糖を分解して酸を作り、その酸が歯を溶かして発症します。乳歯や生えたばかりの永久歯はやわらかいため、酸に弱いのですが、定期的に高濃度のフッ素を塗布することで歯が硬く強くなり、加えて再石灰化を促進するため、効果的な虫歯予防につながります。
また、日常の歯磨きに低濃度のフッ素配合の歯磨きペーストを使用することで、より高い虫歯予防効果を期待できますので、是非当院までご相談ください。

お子様を虫歯から守るための、ご家族の歯科治療と予防

ご家族の歯科治療と予防生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯の原因菌は生息していません。ところが、大人になるまでにほとんどの方が虫歯の原因菌に感染し、口の中に虫歯の原因菌が生息しています。ただし、感染したら必ず虫歯になるわけではなく、唾液による再石灰化が間に合わないほど菌の数が多くならなければ虫歯にはなりません。
そのため、親が虫歯や歯周病の治療や予防歯科診療を受け、口腔内の細菌数を減らしておくことで子どもの虫歯予防にも大きく役立ちます。同じスプーンを使わないなどの対策をとっても虫歯菌の感染は起こります。子どもにとってスキンシップは重要です。歯科先進国である欧米の研究では、お母様の口の中を清潔に保つことが、子どもの虫歯の数を減らすという研究結果の報告もされています。歯科治療と定期的な歯科検診や歯のクリーニングを受けて、子どもの虫歯リスクを下げてあげましょう。

シーラントについて

子どもの奥歯には深くて複雑な溝があります。虫歯になりやすいこうした溝を歯科用のプラスチックで埋めて、中で虫歯の原因菌が繁殖しないようにする予防法がシーラントです。奥歯の溝以外に、前歯の裏側にも行うことができます。

保険適用で受けることができ、乳歯と永久歯、どちらのも行うことが可能です。ごくまれに初期の虫歯でシーラントが行えることもありますが、基本的には虫歯になっている場合、治療が完全に終わってから行う必要があります。

乳歯や生えはじめたばかりの永久歯は虫歯になりやすいため、フッ素塗布だけでなくシーラントも受けておくことをおすすめしています。

前歯にも有効なシーラント

生えたばかりの前歯の裏には溝があってそこの汚れはとても落としにくくなっています。また、普段はなかなか見ることができず、仕上げ磨きの際にも磨き残しやすい傾向があります。永久歯の前歯が虫歯になってしまうと、自然な色に修復するためには費用もかかります。そのため、当院では前歯の裏へのシーラントもおすすめしています。

シーラントの流れ

歯をきれいにクリーニングして、水分を除去

シーラントを施す場所をきれいにクリーニングして、歯の汚れを完全に除去します。歯の表面に水分が残っているとシーラントがうまくつかないため、ラバーダムや綿などで唾液を排除してクリーニングし、水気を除去します。

前処置

シーラントの接着を助ける薬剤を歯の溝に塗布し、余分な薬剤を洗い流してから完全に乾かします。

シーラント剤の塗布

ペースト状のシーラントを溝に流し込んで、凸凹をなくし、表面をなめらかにします。シーラント材は少なくても、多すぎても効果がなくなるため、余計なものを排除するなどしてきめ細かく調整します。

シーラント剤を凝固させる

専用の光を当ててシーラント剤を凝固させます。10秒程度の照射で固まります。最後にチェックして終了です。

TEL:03-5622-235024時間WEB予約
TOPへ戻る